• <span>試験</span><span>レポート</span>
    試験レポート

    数値と統計

    私どもは、達成可能な重量を客観的に把握するために、Tomahaokを中立機関にテストさせました。

    レポートをご参照ください。

  • <span>メートル毎を</span><span>より多収に</span>
    メートル毎をより多収に

    * 遮光率 1% 弱

    * 房の破損が少ない

    * 可変サスペンション

    * 先端部の高さが均一

    続きを読む

  • <span>Tomahaok</span><span>システム</span>
    Tomahaokシステム

    シンプルで速い

    Tomahaok の利点をご覧ください。
    メートル毎の多収さを実証!

    続きを読む

ザ・システム

第一に、Tomahaôkの外観はシンプルですが、取扱い方もとても簡単です。フックの単純な反転動作によって、植物は下方に向かう自分の重さに従って懸垂されます。つまり、あなたが植物を持ち上げる必要はもうありません。この作業要領は非常に簡単で速く、とても植物に優しいです。そのため、苦手な重労働から解放されます。

私どもは一歩前進しています。なぜなら、固定したライニングがもうない(ローラー)ために、植物の"先端部"を均一の高さに調節でき、各植物に同量の光が当たるのでかかる生産量を増大させます。植物は特定な時期にはより速くあるいはゆっくりと生長するため、固定した既定の作業も必要なく、植物を理想的な収穫の丈にするために適当な位置に懸垂して、作業時の姿勢を快適にすることができます。

しかしながら、特定な時期には、あなたが慣れた位置にまで植物を懸垂することもできます。このことで植物を1年に懸垂する回数が少なくなることから、あなたにとって労力の軽減にもなります。

加えて、栽培の交換時にフックを掛けておくことができるので、ローラーのロープの長さを1年用、2年用、あるいは3年用とあなたがご入用な分量をお求めいただけます。私どものトマト用のロープは非常に丈夫で使用が簡単、高温とUVに耐性で、ハウスでの多年にわたる使用に適しています。このことは労働力と時間が節約できることを意味します。

他のとても重要な利点は光です。Tomahaôk は小型で透光性(約90パーセント)、栽培場内の光を遮ることがほとんどありません。

tomahaok の取扱い方

 1) フックの内側の短いロープ

 

 2) リールをフック上にずらしてください

 

 3) 後部のロープをV型溝から上方に引き抜いてください

 

 4) ロープを開口部から前側に引き抜いてください

 

 5) 再びV型溝を通して手前に引き抜いてください

 

 6) 次にロープをぴんと張ると、リールが自動的に収納される

 

 7) トマト植物の木を懸垂するために傾けてください

 

 

ビデオ: Tomahaokのデモンストレーション

 

Tomahaokの作動要領

1) 片手でフックをつかんでください 2) フックを傾けてください 3) 植物は自分の重さで懸垂する

 

ビデオ: Tomahaokを使った作業.

 

ロープの寸法と梱包

リールロープの太さ:
- 1200 elite ロープ30メートルまで
- 1500 elite ロープ35メートルまで

- 全種類のロープが各リールにつき最低10メートルから入手可能
- 生分解するロープ 800番 elite も22メートルまで入手可能

梱包:
- フック、ロープ巻きのリールは別々に梱包。
- リールはボックス詰め (寸法: 60x40x25 cm)。ボックス内の数量は、リールにご入用なロープの長さによって異なります。

ボックス内のメートル別の数量を下に示します:

数量 メーター数
1200 12
1000 15
800 17
650 20
500 30

 

フックはボックス詰め (寸法: 60x40x25 cm)。1ボックスにフック1000 個入り。リールとフックはパレット上で輸送されます。リールのパレットもフックのパレットと同様に 45 ボックスが積まれます。パレットの寸法: 120x100 cm.